長野店ショールーム

長野市 サイディング 凍害

今回は寒冷地に多い凍害での外壁サイディングの貼り替えです

 

20220911133116.JPG

こちら、2階のベランダ部になりますが

20220911133445.png

地上からの目視で矢印の部分になにかしら損傷が有る事がわかります。

実際に足場を建て、近くで見てみると

20220911133730.JPG

20220911133656.JPG

20220911133631.JPG

この様に外壁材自体がボロボロになり、表面の塗膜のみが残っている状態です。

隙間やヒビなどから入った水分が内部で

凍る→膨張する→溶ける

を繰り返し徐々に内部から傷んでいく「凍害」によるものです。

 

外壁塗装をご検討頂いていましたがこの状態では外側から補修する事は困難です。

内部はさらに状態が悪いことが想像されます。

 

確認も含め、一度傷んだベランダ廻りのサイディングを剥がしていきます。

20220911142529.jpg

一見、問題無いように見えます。

が、

20220911142649.JPG

部分的にここまで腐食している部分がありました。

シロアリの被害も確認できました。

知らなければ気にもなりませんが

内部が気づかない間にこの様に傷んでるのは怖いです。

ベランダ部のサイディングを全て捲り、

来週から下地の補修、サイディング貼りへと移ります。

 

最近は天気が安定しないので

20220911143044.jpg

ブルーシートで覆い、大工さんへ引き継ぎます。

 

 

今回は一部の補強とサイディングの貼り替えで大丈夫そうですが、さらに進行した場合

勝手に剥がれ落ちて来る場合もあります。

 

少しでも気になった際は、お気軽にご相談下さい。

 

 

 


この記事を書いたスタッフ

お客様に満足していただける提案を心がけます。小さい事でも一緒に悩んで完成へ向かえたらと思います。

ニッカホームfacebookページ