長野店ショールーム

長野市 屋根カバー工法 ③

外壁サイディング工事② 同現場にて今週は屋根の改修を行いました。

 

20220925121747.jpg

塗装と上から新しい屋根材をかぶせるカバー工法にてご検討頂きましたが

又時期を見て塗装をするにも足場が必要となってくる為

より耐久性があり、長持ちする様に

今回は塗装ではなくカバー工法にて施工致しました。

 

まず、既設の屋根材の上からルーフィング(防水シート)を敷きます

20220925122100.jpg

雨は上から下に流れるので中に入らない様下から上へかぶせて貼っていきます

20220925122205.jpg

貼り終わったら材料を配っていきます

今回は「LIXIL Tルーフ」

ガルバリウム鋼板に天然石が吹き付けられており

雪が滑りにくい為落雪の心配が減り積雪のある地域におススメです。

20220925122339.jpg

20220925122405.jpg

棟も同じ材料で仕上げます。

そして完成

20220925122449.jpg

高級感があり、洋風の住宅にはとても合います。

先程ご説明した雪が滑りにくいと言う特徴

北海道等の雪深い地域でも雪止めが要らないとの事(メーカーカタログより)

 

気になる方はとりあえずお見積りのご連絡をお待ちしております。

 

 


この記事を書いたスタッフ

お客様に満足していただける提案を心がけます。小さい事でも一緒に悩んで完成へ向かえたらと思います。

ニッカホームfacebookページ