長野店ショールーム

長野市 在来→ユニットバス YUNO 工事費用

長野にお住まいの皆様、こんにちは。

「黄色いチラシ」のニッカホームです。

 

今回は在来浴室(タイル貼りのお風呂)からユニットバスへの交換工事になります。

 

(今回のご要望)

・とにかく寒くて、タイル貼りのお風呂をやめたいので、

 浴室暖房付きのユニットバスへと交換したい!

・長く使えて耐久性のある商品がいい。

・カビが生えにくくて、掃除しやすいものだと尚良い。

・跨ぎが低く、足腰の負担が少ないものだと最高。

 

【施工前】

s669x9999_2022_03_01_17_33_29_730_23.jpg

s669x9999_2022_05_23_08_47_20_079_4.jpg

 

【施工後】

s669x9999_2022_05_27_21_03_12_496_5.jpg

s669x9999_2022_05_27_21_03_12_507_9.jpg

今回は元ヤマハ住設メーカーであるトクラスの高級グレード品「YUNObase」をご採用頂きました。

元々タカラスタンダードとトクラスで悩まれていました。(2社とも床が硬いから、だそうです。)

s669x9999_2022_05_27_21_03_12_486_2.jpg

今回は元々の作りが壁の中心に入口が据えられており、洗面・洗濯機もそれに合わせた配置ですので

ユニットバスもそれに合わせ、入口位置を400mm移動しました。

入口まわりは木パネルで補修しております。

s669x9999_2022_05_27_21_03_12_509_10.jpg

浴槽は「エルゴデザイン」、ひょうたんのような形をして

浴槽に浸かる時と洗い場で洗う時、それぞれがひろびろと感じられるデザインになっています。

s669x9999_2022_05_27_21_03_12_499_6.jpg

ひょうたんの形状に合わせて、跨ぎ幅も通常のユニットバスと比べ低くなっております。

あふれ湯も排水溝近くに流れるように計算されています。

s669x9999_2022_05_27_21_03_12_511_11.jpg

s669x9999_2022_05_27_21_03_12_502_7.jpg

浴槽・床に関しても通常のユニットバスではない工夫がされています。

それが壁と接する部分の目地、接合部を50mmほど上げて設計されています。

(通常だとコーキング仕上げが多い部分です。)

そうすることで汚れや水が溜まりにくく、カビの発生も抑えられるわけですね。

床も撥油加工がされていて(それもコーティングではなく練り込まれているみたいです。)

皮脂汚れが付着しづらくなっているんだとか。

 

今回の工事

工事日数 → 5日間

 費用  → ¥1,403,600

 

T様、ご依頼ありがとうございました。

お孫さまにも喜んで頂けると嬉しいです。

 

今回はここまでとなります。

ご拝読ありがとうございました。


この記事を書いたスタッフ

ニッカホームfacebookページ